NTTドコモ 株価 今後の予想(見通し)についてテクニカル分析しました

NTTドコモ 株価 今後の予想(見通し)についてテクニカル分析しました
コード 9437

2019年1月26日更新

NTTドコモ 週足チャートです。

現在は週足200EMAの少し上。緑〇の通り、高値は切り上げるも、青丸の通り安値は切り下げる展開

大きく下落したポイントもギャンファンの値幅が大きなポイント。大口の売り場としては理想的なポイントで

小口の戻り売りもあったように思います

フィボ0.382は一度大きなパニック売り時の節目ラインとして意識されたものの、前回切り下げました。

前回抜けきれなかった0.618あたりの高値を今回抜けれないと再度売り圧力が強くなる展開が予想されます。

前回に続き、黒線のギャンファン下限域を下回り定着すると、前回の水平線をさらに下抜けする可能性は高い

止まるとしたら、2268あたりの水平線、フィボ0.236あたりでしょうか。

①ギャンファンベースだと値幅がある領域なので、週足200EMA上定着を確認後、買い

②週足の情報では、2683辺りの直近高値を切り下げ確認後、週足200EMA下定着で売り目線

週足ではこんなところのイメージ