LISK(リスク 仮想通貨)の相場観 

LISK仮想通貨の相場分析
2018年11月12日更新

リスク4時間足チャートです。

急速に値を伸ばした後、4時間足200EMA付近。青丸の高値水平線でぴったりと反発し急落

抵抗圧力が強いダブルポイントで反落しています。

忙しいチャートとなっていますが、また値を戻し始めています。

この4時間足200EMAと2.96の水平線上を定着すれば、上昇速度が増す可能性があります。

この2つのポイントを背にロングエントリーし利確目標は3.104水平線あたりでしょうか。

決してガチホというわけえではなく、エントリー条件が揃ったら、短い足でエントリーと損切設定を行い

長い足で利確する流れ。為替や株と変わりありませんので、エントリー領域における買い方、トレードの考え方はこちらの記事に

まとめています。




以下2018年9月29日更新

現在のところ、2時間足200EMA付近で跳ね返されてる印象。

4時間足200EMAも上に控えており、やや上値の重い展開。

サポートラインとレジスタンスラインを引いてみましょう。

上値が重く、徐々に黄色のサポートラインを押し下げてる印象。

さらに下の水色点線の水平線でとまるか、赤ラインまで突入するかといったところ。

BTCが、値を下げてるので連動した形、赤ラインは前回長いひげを作った安値から結んだ線なので

サポート力としては、強さはあるかと思っています。

Lisk(リスク) 仮想通貨のサポートライン、上値抵抗線 2018年9月23日

仮想通貨 Lisk(リスク)のサポートラインとレジスタンスラインを日足で引いてみました。

5月に15ドルをマークしたリスクも5月に2ドル代まで低下し現在は3ドル付近

日足のレジスタンスラインとしては、5月高値と8月高値を結んだライン
本日の垂直レジスタンスは、4.325ドル付近

徐々に上値抵抗線は、低くなりますので横横でも最接近していきます。

さらにその少し上には、7月安値の水平線もあり、急速に値を上げた場合は4ドル以上から売り圧が強くなると推測できます。

200EMAはまだトレンドラインより、かなり上で、青点線の水平線を抜けた場合は、角度良く上昇する可能性も出てきます。

9月9日に4時間足200EMAに反応し転落。

4時間足で見ると下限のサポートは2.72ドル付近では買い圧力が強いを想像できます。