飲食店経営者が間違ってはいけないInstagram(インスタグラム)集客戦略

今回は、飲食店経営者へ向けたInstagramの間違ってはいけないと思う集客活用について書きたいと思います。

最近飲食店オーナーの方々とお話する機会もあり、Instagramの話題になり、長期的な視野が随分間違っているように感じたので記事にしました。

Instagramは、新規スタートの飲食店の集客にとって、欠かせないツールと言えるほど影響力が日々強くなっているように感じます。

現在も男性側は、食べログ一択というほど、根強い印象がありますが、女性は、飲食店を選ぶ際に初動が食べログではなく、インスタグラムを活用する傾向が強くなっているのではないでしょうか?

インスタには、twitter同様、ハッシュタグがあり、例えば、地域名+グルメやランチと検索すると、数多くの写真が投稿されており、その中から、良さそうなお店を調べる。

あとは、グーグルでお店の基礎情報を検索したら、完結するというルートが増える可能性は今後も増加傾向にあると予測されます。

男性にとっては、Instagram自体の活用比率が少なく、食べログまたは、グーグルでのブログ検索は、根強い傾向がまだ当面続くのかなといった雑感

私もアカウントを持っていますが、やたらとお店からのフォローやいいねがつきます。

それもかなりジャンルが違う分野のお店から

例えばグルメ写真に美容室オーナーからいいねやフォローもあります。

いやいや

興味ないだろ。

そう思うユーザーは、一定数いるのではないかと思います。

飲食店からのいいねやフォローもありますが、いいねならまだいいのですが、フォローをして、数日フォロー返しをしないと、フォロー解除を行うお店。

自動ツールで行って、フォローワーを増やすために行っているのでしょうが、ユーザー目線で言うと、ウザい上に、お店の印象もすこぶる悪い。

そういうお店に限って、ユーザーは覚えている傾向にあります。

それほど魅力的に感じないお店にたくさんのいいねや、フォローワー数がいても、結局ユーザーには、見透かされますし、お店に実際行く動機づけにはならない。

いいねは、いいねをされて、しかたなく、どうでもいい写真をクリックしていいねを押しているだけです。

そこには、なんの印象も、残らない。

どうしてもフォローして、お店の集客をしたいなら、フォローを外さないほうがよっぽど印象は良い。

こちらのお店はずっとフォローされたまま。

このお店のほうが、フォローバを繰り返すお店より行きたくなる。

ユーザーにとっては、そんな印象が潜在的にある。

自動ツールで集めたフォローワー数は、なんの役にもたたない。

さらにデメリットもある。

お店の戦略として、例えば、どのようなメニューや、ユーザーにとって何が求められてるか?その反応を分かりづらくする可能性がある。

やたらと、そんなにお客が多くないお店が投稿する写真に自動ツールのおかえしのいいねがたくさんつくと、本当にそれがいいと思うユーザー数が把握できない。

お店の戦略として、ユーザーの反応を見る場合に、邪魔でしかない。

潜在的ニーズを図るツールをわざわざわかりにくくする必要はない。

ここまでの内容をまとめると

①ユーザーは、ハッシュタグを使用し、地域名+キーワードで検索する

②Instagramからの来店集客は女性層が増加の見通し

③フォローやいいねをする戦略は、お店Instagram戦略としては、デメリットだらけ。

ここまでの内容から、飲食店のInstagram集客戦略を考察

①フォローは、基本的にはしない。

ただよく来てくれる常連や投稿してくれるユーザーに、コメント付きでフォローする。

②女性層にニーズがある、Instagram映えするメニューの開発。女性層を取り込むことでファミリー層を取り込むきっかけになる。

③ハッシュタグの効果的な付け方
投稿する際は、地域名+グルメ、ランチなどのハッシュタグを活用する。より検索数が多いハッシュタグを選ぶ。全く違う地域を入れるのは、ユーザー利便性を悪くするのでやらない。

投稿ワードが大きな地域名のみを活用するのは、お店の宣伝としては効果がある。または、メニュー個別のジャンルをワードを入れてたタグもいいかもしれない。

④外国人観光客の取り込み
インスタグラムは、フェイスブック参加の企業
日本国内月間アクティブユーザー数は、2900万
お店等も含まれるので、実際の人のアクティブはまだ落ちる。

全世界でいくと、10億。

日本を遥かに超えるアクティブユーザーは、海外

何が言いたいかと言うと、外国人観光客を取り込む為に、日本語以外も活用したハッシュタグを使用する。

お店までの分かりやすいアクセスを外国語を含めて写真で投稿しておいてもいいかもしれない。

飲食店経営をする上では、時間と資金は限りがあり、力を注ぐべき仕事時間、コストは、間違ってはいけない

もう少し踏み込んで考えてみましょう。

インスタグラムには、写真だけではなく、動画もありす。

私がよく行く地域の久留米+カフェで検索します。

https://www.instagram.com/p/Bofpzc6FqOv/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=128aozc56t2py

⑤動画も活用
こちらのお店は、インスタグラムの活用も凄く上手い。ハッシュタグを活用してるし、写真だけではなく、こういったつい行きたくなるような動画も投稿されてます。カフェでそもそもの潜在的なニーズも理解されてます。

今度行きますm(_ _)m😁

⑥上級編
インスタグラムインフルエンサーへ仕事依頼
地域毎に、よく綺麗な写真を撮って絶大な支持を集めフォローワー数が多い影響力の強いインスタグラマーがいます。

来店までの動機づけとしても、インフルエンサーの投稿は非常に影響が多い。リサーチする限りも、来店するまでの経緯は、あのインフルエンサーが行っていて、もの凄くいい写真で行きたい。という傾向は多い。(我が家の奥様w)

ただ間違ってはいけないのは、お店が満足度が高くなければ効果は一時的だし、魅力的な写真や動画が撮れるメニューでなければ効果は薄い。

仕事内容の一部に、数多くのお店を食べ歩いてるインフルエンサーの意見を反映したメニューの開発をすることを加える。

飲食店経営者の皆様、いかがでしたでしょうか?
ユーザー目線で考える個人的見解が多いのですが
この記事を見てギクっと感じたオーナーさんが少し考える参考になれば幸いです。