(株)ゆうちょ銀行の今後の株価予測(見通し)についてテクニカル分析しました。【随時更新】

(株)ゆうちょ銀行の今後の株価予測(見通し)についてテクニカル分析しました。
2018年11月9日更新

ゆうちょ銀行週足チャートです。

価格もみ合い領域で必死に上がろうとしているように感じます。

気になるところの安値、高値の水平線、レジスタンスラインを引いています。

日足チャートです。

日足200EMAと水平線のダブルポイント付近。売り圧力が強い領域もレジスタンスを超えてる強さもある。

4時間足チャートです。

再度4時間足200EMA超えで上抜け試し。

先ほどの1354の水平線や、日足200EMA上を定着すれば買い判断。

買い方については、短期足のサポートラインを引きながらするかたち。

日足200EMAを上抜けしたら、5分足でサポートライン引きながら、ライン際で買い、下抜けで損切。

損切幅をできるだけ抑える。

買いの領域で黒丸の高値の水平線にも気を付ける必要がある。

買い方やトレードの考えかたについてはこちらの記事にまとめています。

ただ、直近株価は力強いが、日足200EMA等強い抵抗がまだあるので、あくまでも上抜けしてからという考えなのでご注意下さい。

上抜けてもガチホじゃなくて、短期線でエントリー損切を繰り返し、できるだけ損切コストを抑えて、利を伸ばすということも忘れないでください。