東証1部4726 ソフトバンク・テクノロジー(株)の今後の見通しについてテクニカル分析しました。2018年10月5日

東証1部4726 ソフトバンク・テクノロジー(株)の今後の見通しについてテクニカル分析しました。

ソフトバンク・テクノロジー(株)の月足。

強いブレイクアウトで、完全に天井なしの株価ぶっ飛びですね。

今後そのまま上昇するのでしょうか?

また、押し目となる買いはどこにあるのでしょうか?

過去価格抵抗のあった安値、高値の水平線。

青線のサポートライン、赤線のレジスタンスラインを書きました。

2296の高値水平線は、上昇トレンドが強く、勢いがあるので、そのポイントは反発の可能性が高いとみています。

短期的にその領域まで調整して、反発すれば、緑線のようなサポートラインを形成するのではないかと思っています。

あくまで予測ですので、予測でトレードすることはありません。

週足チャート

週足200EMAで反発し、現在価格からはかなり遠く下位置

曲線としては緩やかに上がってきています。

日足200EMAも押し目には少し遠いですね。

この上昇トレンドの強さが分かります。

4時間足200EMAが、月足で書き込んだサポートラインが強い領域に近づいてきてますね。

ここは、初回の鉄板サポートが期待されます。

当面の戦略としては、15分足程度の短い足でトレンドライン引き、トレンドライン際まで調整したら、買い

サポートラインすぐ下に損切

1時間足までの短い足でサポートライン下抜け定着した場合は、2394~226付近の水平線、4時間足200EMA付近での買い

あたりが当面の目線でしょうか。

リスクを負いたくない方は、調整局面を待ったほうがいいかと思います。