東証1部2440 (株)ぐるなび 株価見通しについてテクニカル分析しました。2018年10月2日


東証1部2440 (株)ぐるなび 株価見通しについてテクニカル分析しました。

月足チャートです。非常に厳しい株価推移ですね。

直近で上がったとはいえ低迷しています。

過去の価格抵抗のあった安値、高値のピンク点線の水平線

赤線のレジスタンスライン

青線のサポートラインを書いてみました。

週足を見ても下落トレンドは変わりないようですね。

今形成してる短期サポートライン青線の2段目がどの程度効くかわかりませんが、青〇の価格抵抗の強いエリアはかなりの力がないと

抜けるのはキツイようにも見えます。週足200EMAがラスボス感でその前に月足レベルのレジスタンスラインが2つあります。

初回レジスタンスラインを超えることができるのか?

現行の短期サポートラインでは、今のところのテクニカル上では非常にキツイ印象が残ります。

一番したの青線のサポートラインと、一番下の水平線が強いサポート力があると思います。

これをまた下抜けると、再び下落トレンドへ。

一番下のサポートと週足200EMA辺りの力は、均衡してるか、ややレジスタンス優勢のようにも思えますがいかがでしょうか?

損切浅めに初回レジスタンスラインまでロング目線か、価格抵抗の強いエリアまで待って売り戦略か

といったところでしょうか。

日足も見てみましょう。

初回レジスタンスエリア手前に日足200EMAがありますね。

この辺りは、一筋縄にはいかないように思います。

さらに水平線で書いてませんが、2018年5月21日高値1136辺りも意識されるかもしれません。

日足200EMA、日足5月21日高値水平線、月足レベルの水平線がさらに上に構える形。

週足レベルの初回レジスタンス前に日足レベルの重たい壁があるようですね。

日足まで見るとロングは少し怖いように見えます。

4時間足レベルまで落として見てみましょう。

4時間足では、200EMAを超えてますね。

現在は気迷い。このラインを上に維持できれば、短期ロング勢が日足レベルの200EMAに挑戦するかもしれません。

ただそれを超えるかどうかは、現在の強さでは少し不安材料が多いように思えます。

どうなるでしょうかね