ブロックチェーンゲーム 参加ゲームの戦略・収益性

参加しているブロックチェーンゲームの戦略とこれから参加するか検討中のゲームなど
随時変わってきますので追記しています。現状としては収益化に成功しているのはbitpet・イーサオンライン

最初に結論を書きますが、ブロックチェーンゲームの戦略としては
プレイ、売買で収益が出る→配当性のあるイーサエモンの土地やイーサタウンのETITなどに投資する
これを繰り返すことを戦略にします。イーサオンラインでもマーケットシェアもありましたし。
今後も同様の収益分配の仕組みを売るブロックチェーンゲームが出てくると思っています。
ようやくぼんやりとブロックチェーンゲームの将来方針が見えてきました。
やっぱり参加することでいろんなことがわかってきますね。
この表でもわかるとおり、収益が出たものはすべて投資し、常に収益マイナスになるように
回しています。

これから下に主に参加しているゲームを紹介します。
随時、追加したり削除します。

bitpet
参加しているゲームの中でも一番収益がいまのところいいゲーム
2018年3月14日から参加し2018年5月27日現在。
原資の約10倍ほどのリターンになってます。
しかしながら、今はレース参加者も減り、競合揃いとなり、レースでとんとんぐらいになっており
収益は停滞しています。アップデートで新ゲーム大乱闘が始まってからまた活発になると思いますので
やり方を模索したいと思います。これから参加する方向けに記事を書いてますのでよかったら参考にして下さい。

今後の戦略
売買は行わず、GAMEに勝てるキャラを合成でつくる。収益のバランスから合成は収益の20%上限で行っている。(現在合成中止しています)
GAMEを予想したステのキャラを仕込んでおく。
まだ新ゲームは出てませんが手数料改定により、最低販売価格に設定しても少し黒字化できるようになりました。
合成→販売。レベル上げの需要が出てくれば、最低価格のキャラが売れるようになる。今後の新ゲームでレベル上げ需要ができくるか?

ETHTOWN
イーサタウン
2018年3月よりプレセール参加

今後の戦略
現在の投資としては、LV9ヒーロー3体 LV6ヒーロー7体 フロア0.1ETH
収益性についてはまだ始まってないのでわからないが、ETITというゲーム内トークン所持することにより、ゲーム収益の一部が還元される。
このイーサタウンの独自トークン ETITはforkdeltaで購入可能。プレセールは終了してますのでこの取引所で現在少しずつ購入しています。
将来性のあるゲームだと思っているので、ゲームの収益が出たらforkdeltaで独自トークンを買うという方向性が見えてきました。
ETITを増やすことでETHが毎日還元される。ちょっとした不労所得となる可能性があります。

クリプトキティーズ

今後の戦略
最初はGENばかり気にしていたが、特性に注目することで
ある程度、買うべき猫や売れる相場が分かってきた

①猫のスペシャル特性を持った猫を繁殖させて販売
0.1ETHあたりの相場の猫を2匹購入
繁殖にかかる費用は1回約0.008ETH
12回繁殖させて1回成功すれば、相場価格あたり。
その確率がどうなのか?安い相場猫で現在検証中
bitpetよりは、相場下落は激しくないようです。
現在実験中の猫 繁殖4回しすべて失敗。
何回目で狙っている猫がくるのか?

②クリプトキティーズの猫を使ったゲームが別にできてきてます。
参加しながら、勝てる猫を模索していきたいと思います。
レースはちょっと厳しかった。。

Crypto Cuddles バトルゲーム
KittyRace レース
Jaguar, Luckystripe, Wingtips, Mauveover,  Coffee

この5つの特性を持った猫が強いようです。10レースほど参加しましたが1回も勝てなかった。
勝っている猫は最低上記5特性の内4つは持っている猫。
0.04ETHで4つ持ちを買って参戦したが2レースとも負けました。
勝てる気がしない。。

イーサエモン

今後の戦略
モンスターをレンタルすることで、経験値もETHリターンもある。
ゆっくりと長いイメージで、1つのモンスターをきっちりとやってから次へ移る。
ある程度のモンスターを育てたら城をたて、鉄壁の防御で稼ぐイメージ
マラケレを購入し、現在ジムでレベル上げ中。
イーサエモン内のマーケット以外にもopensea で売るという戦略もあり?
現在バトルができるようにモンスターを少しずつ購入。
ゲーム内トークンEMONTを稼いで、Radar RelayやForkDeltaで売却というマネタイズも見えてきた。
レンタルでの収益戦略は見直し。

2018年5月27日現在 アドベンチャーモードの土地のプレセールが行われています。
私も参加していますが、この土地を買うことによって、その土地にゲームで参加するプレーヤーがいることでETHのリターンがあるようです。
数か月でもとをとれるようなプレーヤー数はいませんが、将来性が現在のブロックチェーンゲームの中でもトップクラスなので
数年先を見据えて買いたいと思っています。
ただどの程度の金額で落札できるかにもよりますが。。一度参加しましたが、不具合により一回ETHが返却されました。
まだプレセール終了まで時間があるので、どの土地を買うかしっかりと決めて投資したいと思います。

☆イーサオンライン
ライトユーザーとして参加。
2018年5月9日から参加
0.27ETH 10連ガチャ三回回す。2アカウント。
運よくラッキードローで1回当選。0.11ETHほど配当と装備ガチャでレジェンダリーが出ていたことで
売買で原資以上に回収できました。
現在は、毎日の抽選でETHがあたるラッキードローは、敷居が高くなり断念しています。
ツイッターでイーサオンラインで検索するとガチユーザーがいらっしゃいますので
本格的に参加するかたは調べてみてはどうでしょうか?
このイーサオンラインは、装備が売買できるマーケットの収益分配を受け取れるマーケットシェアが販売されました。
現在は売り切れています。
このような収益還元のシステムを販売するブロックチェーンが今後も出てくるのではないかと思っています。

これから下は参加検討中のゲーム
ブロックチェーンゲームは、2018年初めからすごい勢いで増えていってます。
リリース順ではなく私にとっての重要順になってます。メモ代わり

☆NovaBlitz

NovaBlitzは、対戦型カードゲーム。そのゲームのクオリティの高さから将来性を感じ、プレーも少ししました。
奧の深いゲームで慣れると楽しいことが分かると思います。
ゲームを単純に楽しみつつ、私が注目している点は、他にもあります。
ゲーム内で使用されるトークンNVT
イーサタウンのETIT同様forkdeltaで購入可能

ICO時、1ETH 100万NVTで販売されてたので、現在はかなりお得に購入できます。
このNVTを持っているだけでカードを配当として貰えるようです。
プレーで使わなければ、販売するというマネタイズも出来ますしね。
このやり方も凄い上手だと思います。
ico割れしていることからも単純なキャピタルゲインとしても魅力があり
将来性も高いので長期で持っていてもいいなと思っており少しずつ購入していく予定です。
現在20万NVT購入済み。

失敗例として
☆EtherGoo
2018年4月21日より参加
クリプトキティーズよりも海外では出来高が高いブロックチェーンゲームとなったゲーム
基本的に放置ゲーム


ゲーム内トークン?のgooを生産してくれる研究員を増やしていく。
gooの生産能力に応じて毎日ETHが配当される。後でわかったが、貯めたgooの量ではなくgoo生産能力次第でETHの配当が決まる。
0.68ETHを投資。
現在2018年5月27日生産能力 682.3K Goo/s
回収率 なんと4.3% すくなっ! 1か月以上経ちさらに配当は日々減少中。
もはや回収は不可能となりました。
10%回収できればいいほうかな。
ethergooについてはこちらで詳しく書いています。

A群 参加濃厚

☆クリプ豚
☆イーサ三国志
クリプトウォーズ
☆Age of Dragons
Axie Infinity
Crypto And Dragons
☆CryptoCrystal
☆FairCity
☆CryptonsGame

B群 課金はまだしない
☆BEYOND THE VOID
☆Cryptons
EtherBots
Fishbank
☆EVERDRAGONS
☆Dragonereum
☆Pandarium
Age of Chains
☆etherions
☆CryptoBarons
☆cryptodrakos
☆cryptoracingclub
☆TRON Pets(dog)
☆CropBytes
イーサクエスト

今後参加ゲームも増えてくるので、ブロックチェーンゲームをプレーヤーとして収益化を目指しているかたにはこちらもどうぞ

参加ゲームを絞る