勢いが止まらない清陽軒。実は大砲ラーメンとのつながりがある。

2016-01-24 08.36.30

久留米市発の清陽軒の勢いが止まらない。
もともと清陽軒は、屋台で大砲ラーメンを開業した香月昇さんと香月浩さんが開業したお店その後、清陽軒は、二代目の一木公治さんが暖簾を引き継ぐが、2006年2月に一度、暖簾を下ろしたという過去がある。
しかし、一部の常連客などが集まり復活。それからがスゴい。次々と支店をオープンさせている。本店は諏訪野町本店。文化街店、小郡店と続き今度は佐賀県になる鳥栖市に2016年2月にオープンさせる。気になるのは過去に大砲ラーメンはチェーン店として成功をおさめているが、満州屋は失敗している。清陽軒は確かにそれなりの美味しいラーメンだが、人員と味の質をどこまで維持できるのか?これだけの短期間にオープンさせてる点はちょっと心配にもなるが今後の清陽軒に注目です。

清陽軒にいけないかたは、アマゾンでもこんなの売ってました。