佐賀ラーメンの代表格。いちげんへ。


佐賀市にあるラーメン屋のいちげんへ。ザ、佐賀ラーメンといった感じ。三重津海軍所後にも近く、世界遺産観光の周辺グルメとしてもいいかも。スープは、オーソドックスなとんこつで、塩分も控えられ飲みやすいスープ。どぎつい感じではないです。麺は、佐賀の麺の象徴的な麺。チャンポンと久留米ラーメンの麺との中間のような麺。

のど越しもよく、つるつる。どこか懐かしい。そんな麺。畑瀬食品の麺ですね。
畑瀬食品とは?

ホームページ参照
佐賀ラーメンの生麺をつくり続けて六十余年「有限会社畑瀬食品」 
良質の小麦、特等粉でつくる佐賀ラーメン昭和22年創業の老舗麺屋「畑瀬食品」戦後、ラーメン屋台職人が佐賀の地でラーメン屋を初めようとしたところ佐賀にはラーメンの麺がありませんでした。豚骨ラーメン発祥の地、九州の久留米から訪れたラーメン職人と共に佐賀で最初にラーメンの麺をつくったのが「畑瀬食品」です。
六十余年の伝統の技と心でつくる畑瀬食品の生麺は、コシがありのど越しが良いと評判を頂いています。
業務用生麺を佐賀市の有名ラーメン店に納めています。
としている。
たしかに佐賀初の製麺所らしく、昔から佐賀のラーメンを守っているんですね。食べた感じもその通りで、コシとのど越しが非常にいい。昔から佐賀ラーメンが好きな人にはたまらないですね。
チャーシューもかなり好みの味で八女から仕入れてるみたいですね。もうちょっとチャーシュー食べたかった。

20150924_124527_883-1

20150924_123414_382-1

生卵入り。650円。
20150924_123536_749

20150924_123521_474