リクルートホールディングスの株価予想(見通し)についてテクニカル分析しました

リクルートホールディングスの株価予想(見通し)についてテクニカル分析しました
コード 6098

リクルートホールディングス株価の日足チャートです。

直近株価は少し持ち直していますが、トレンドは下降継続

青線の水平線を下回り何度か現在は、水平線際の攻防

緑丸の領域が、ギャンファン下限とフィボ0.236あたりで過去価格のもみ合いも多い

この領域では若干の反発があると思われます

一番反発が強い領域は、黒丸付近の黒線の水平線

ここは、一旦は、かなり反発が強い領域と推測できます。

ここを逆に下回り定着すれば、短期的な投げ売りが多くなると思われ、底も判断が難しくなります。

買いの戦略としては、緑〇領域と黒丸領域での反発狙い

売りの戦略としては、緑〇下定着後、黒線の水平線まで。黒線の下回り定着で、売りあたりでしょうか。