ユーロニュージーランドドル(EURNZD)の今後の予測(見通し)についてテクニカル分析しました。

ユーロニュージーランドドル(EURNZD)の今後の予測(見通し)についてテクニカル分析しました。

2018年12月6日更新

ユーロニュージーランドドル(EURNZD)の週足チャートです。

月足レベルの水平線を下回り、週足200EMAも下抜けしましたが、上へ回復。

ただこの青丸付近は、赤線のレジスタンスラインまで売りが断続的に続く領域だと思います。

一度下抜けた水平線を上抜けした後、レジスタンスラインに抑えられれば、週足200EMAを再度下抜け

下降がさらに加速というシナリオも見えてきそうなところ。

レジスタンスラインへ向かいどう反発するか

再度すぐ週足200EMAを下回り、下降角度をさらに加速するか

基本はショート目線で戻り売りの領域。

下位足でトレンドラインを引きながらポジション取り。

ライン上抜けで損切。

現在の背を水平線。次はレジスタンスライン。

週足200EMAをすぐ下回れば、少し強いトレンドも出てきそうです。

週足200EMA単体の一度下抜けならロング目線もありますが、強い水平線領域も

一度下回っていることから、売りが優勢な局面が、再び現れる可能性が高いと思っています。

ただ、予測だけでトレードはしませんので、反発の強いポイントを判断し、5分足、15分足で

トレンドラインを引きながら、エントリーする。

損切幅はライン前後で少なく設定し、利は上位足の抵抗ポイントに持って行くようにします。

 

 

カテゴリー: FX