トレンダーズ(株)の今後の株価予測(見通し)についてテクニカル分析しました

マザーズ6069 トレンダーズ(株)の今後の株価見通しについてテクニカル分析しました

2019年3月4日更新

トレンダーズ 株価 日足チャートです。

株価は下落。水平線は黒線の水平線が意識されるポイント。この最後の黒線を下定着で青の間のギャンファン領域に落ち着いて下落していく

可能性が大いにありそうですが、まだ判断できません。

ただ黒線の水平線を2度下回り再トライしてるところをみると、安易に値ごろ感で買うようなことは避けたほうがいいと思います。

この水平線上を維持するか、下定着ならさらなる急落もありえるように感じます。




2018年12月2日更新

週足チャートです。

週足200EMAを下回りもう一段下の水平線まで一旦下げましたが、週足200EMA際の攻防。

前回の相場分析から、週足200EMAを下抜けしました。反発の要所ポイントはそれぞれ前回のとおり、綺麗にポイントで反発していました。

週足200EMA上定着すると短期的には買い圧力がかかりますが、依然下降トレンドは継続中。

段階的に水平線レベルの売りのポイントが続きます。特に970前後は過去も価格のもみ合いが多く、早期のトレンド転換判断はしないほうが良さそうです。

打診んで買うなら、週足200EMA上定着で利幅100円未満のトレードぐらい。

週足200EMA下定着からの売りのほうが値幅はありそうです。

ただレジスタンスラインも抜けたかたちなので、15分足等の下位足を見ながらのトレードがベスト。




2018年10月20日更新

トレンダーズの月足チャート推移

株価は2016年から大きく回復し1800円台までいきましたが失速。

このまま下がり続けるのか?

下値の目途を探りたいと思います。

まずは、気になるところの水平線を書きました。

970の水平線を確定足で下回るとさらに下落が加速しそうにも見えます。

週足チャート

直近では週足200EMA手前で反発

黒丸付近では月足レベルの水平線があり、その領域は、反発力が強いと推測される

上昇時も、下値の目途となり大きく反発している。

さらに下値の目途としては、607水平線

このあたりでは一旦反発が予想できます。

下落トレンドは継続も、週足200EMAは緩やかに右肩上がり

急上昇の急調整が入っている時期とも見れる。

 

日足チャート

日足チャートでは、200EMAが下向きに転ずる

当面の上値抵抗としては青丸3つ

レジスタンスライン、水平線、日足200EMA

下値は水平線、週足200EMAがバックにある

再度長期的な上昇局面に入るとすれば、この3つのゾーンを抜けていくと再度上昇トレンドに切り替わる可能性が高い

最初の判断として、赤線のレジスタンスラインを抜けれるか様子見

買うとしたら、レジスタンス抜けで買ってもすぐに水平線があり期待値が少ない

レジスタンスに押されて、再度970付近まで来たら買い、水平線まで利確目標

買う際は、970付近での反発確認し15分足のサポートラインを引いて、ライン際で買い

ライン下回りで損切。当面はそんなところをイメージ

ただ、値動きが少ない状況でレジスタンスラインに何回も失敗するようだったら、

急落の可能性が出てくるので買うのはリスクが高い

15分足チャート

15分足200EMAは、上向きに転ずる

970水平線を背に上昇

15分足で短期的なトレンドを確認しましょう。